2007年09月16日

FOI生観賞4

前の日記との日にちが開いてますが…。

いよいよお待ちかねというような(私の中で)エヴァン・ライサチェクの登場。ショー版のカルメン。
アナウンスは英語であとで日本語訳。「カルメンは私も好きなプログラムで今回滑るのは最後になるけど、日本の仲間やファンたちの前で披露することができて嬉しい」というようなコメントでじーんときました。
ジャンプが縮小されているのか、その分試合にはなかった振り付けも見せてくれました。
試合では序盤で立ち止まったままする振り付けからすぐに滑り出す部分が今回はその次の手の動作も立ち止ったまましてたり、それから滑り出してからはイーグルのポーズから膝を折って手を前に差し出す動き。その時の手の動きが本当に速くて鋭くて。本当に圧倒させられる。優雅さとかとは違う、けどここまでの鋭い空気を出せる選手もそういないと思う。それはエヴァンが持っているもの。
途中のスローパートのサーキュラーステップの部分は今年使っていた振り付け。この部分から泣きそうになってました。今回カルメンを滑るということを知ったときから泣くかもしれないと思っていたけど、実際見てるときにもそうなった。
カルメンのプログラムは私にとっても思い入れ深くて。エヴァン・ライサチェクという選手を好きになったきっかけがこのプログラムだったし、そのきっかけのNHK杯でも知らず知らずの内に泣きそうにさせられていたから。私にとってそうさせられるものがエヴァンのカルメンにはあるんだと思う。
ラストの闘牛士の歌の部分のストレートラインステップでは大合唱ってくらいの手拍子。あ、その前のスピンも試合にはなかったスピン。スピンの回転も全体的に速かったです。
試合と同じ4分間で試合と変わらないような気迫のカルメンが今回こうして見れたこと、本当に貴重だった。

次は大ちゃんのビョーク。前のエヴァンの演技で頭がちょっとぼーとしてしまっていたけど、大ちゃんの雰囲気も凄かった。ステップはとても速いし、迫力があって。
DOIの時も見ていて、この曲はどういうイメージで受け止めたらいいのかわからなかったりはするけど、これから何度も見ていったらまた何かイメージがつくのかもしれない。

最後は荒川さんの「fry me to the moon」。宮本さんが振り付け(本当に今回宮本さんの振り付けプロ多かった)で宮本さんに対して「一緒に滑るつもりが気付くと私だけ。いろんな意味でありがとう」とのアナウンス。
このプログラムは何だかお洒落で可愛らしいと思いました。手をフリフリさせていたりして、楽しそうな動きが盛り込まれていて。今までそういう風な演技の荒川さんを見たことがないような気がしたので新鮮でした。

これでフィナーレ。まず荒川さんが滑って、それから日本選手男子3人が登場してジャンプやスピン、そのあと日本選手女子3人がスパイラル?とスピン。次にエヴァンと佐藤有香さんがリンクの端から横にステップしていって最後にエヴァンが有香さんを軽くリフト。リフトするとこなんだか紳士的でした。
次にペア2組がリフトとデススパイラル。でみんなが揃って円になってバレエジャンプしたり(でもエヴァンのはバレエジャンプじゃなかった(爆))踊ったりで、最後に荒川さんは真ん中?で他男女ずつ2組に分かれてポーズをとってフィニッシュ。
この時のポーズが男性が(といっても私は徹底的にエヴァンを見ていたので他の選手のことは覚えてないんですが…)腕を組んで片足を立ててというポーズだったのがツボでした。
それからパーン!!とクラッカーが鳴りました。一瞬観客の人が鳴らしたのかとびっくりしました。
これにて演目が終了。

あ、1日目は会場から出た時に神田うの(とスタッフ)が車に乗るところに遭遇しました。
会場から引き上げて行く人達で結構群がってたりしていて、みんな手を振っていたので私も手を振りました。


2007年08月29日

FOI生観賞3

休憩が終わってからの第2部最初はちびっ子スケーターと選手スケーターが2人ずつ出てきて、選手スケーター(大ちゃんと友加里ちゃん)がそれぞれちびっ子を優しく目覚めさせるように手をかざして回って、それから荒川さんや他のスケーター(あんまり詳しく覚えてないのです;)が登場してきてちびっ子と一緒に滑っていくという演目でした。ちびっ子(女の子2人)が跳ぶジャンプが小さくて可愛かった。

次はリンクに何かが置かれて「世界チャンピオン2回の選手が登場」とかいうアナウンスがあって、スケートとは違うよね??と思っていたらボクシングのような格好の田村さんが登場。ボクシング詳しくないけど、縄跳びしていたりと楽しいプログラムでした。リンクに置かれていたのはグローブやベルトでした。
最後には南側アリーナ席の一番上の階段まで登っていってフィニッシュ。降りていく際には階段から席の近い人がどさくさに紛れて握手を求めていたりしてました(笑)

再び恩田さんで今度は青い色の浴衣姿。最初は一番前の席の人とじゃんけんをして、数人の観客の人に袋から何かを投げて(飴?)から滑り出すプログラム(その、袋から物投げる演出を見て私は村主さんのシルク・ド・ソレイユを思い出してました)。滑ってる最中にうちわをあおぐ仕種があったりと祭りの雰囲気が出ていてこういうプログラムも日本ならでは、と思いました。スパイラルの時に笑顔が出ていたりととても楽しそうな雰囲気が伝わってきました。

再び本田君。第一部のノリノリプログラムとうって変わって、しっとりしたボーカル(アレンジ)のプログラム。結婚記念なのでしょうか(おめでとうございます!)。なんだかしみじみとするようなどこか切なくなってしまうようなそんな雰囲気のプログラムでした。でも本田君は静かな曲だとムードがあっていいですね。イーグルや手の動き、良かったです。

中国ペアのパン&トンはアダージョのプログラム。ダイナミックなスロージャンプ、ツイスト、など動きが大きくて見応えがありました。終盤で男性がイーグルで女性が逆さになっているリフトはアイスダンスのデロベル&シェーンフェルダーもしているリフトだけど、この2人はペアであるけど雰囲気的にはアイスダンスっぽくも見えたりしてました。

FOI生観賞2

日にち空けたせいでちょっと記憶が…。

中野友加里ちゃん。宮本さん振付のシルク・ド・ソレイユのオリエンタルの曲。DOIの時にも思ったのですが友加里ちゃんは新しく見る度に何か印象付けられる部分が増えてる!と思わされます。東洋の香りが漂ってきそうな不思議な雰囲気で終始ゾクゾクさせられました。イーグルの時の上体をくねらせるような動き、スピンの独特のポーズや速さなど素敵でした。試合のプログラムになったらいいのにと思うくらい。

田村岳斗さん。淡い青色系の衣装のトゥーランドット。「一年ぶりの演技なので現役選手の影響を受けて頑張りたい」とのコメント。田村さんはプリンス・アイスワールドで一回生で見たことがあるのですが(2年ぐらい前)、その時よりもいいと思いました。プログラムのムードがすごく出ててしっとり魅せてくれるものでした。特に長い円を描くようなイーグル綺麗だった。あとジャンプが高い!と思いました。

荒川さん。曲の紹介なしでいきなり演技。ワールド優勝時に滑ったプログラム(ボーカル曲)を再びということですが、私はその時のEXを録画してなかったので見たこと無かったです。もう見てるだけで貫禄があるし、特に手の柔らかい動きを注目して見てました。荒川さんの優雅な動きが満載のプログラムでした。ジャンプは4つくらい?余裕に跳んでる風に見えたのですが、終わった後のトークで息を切らしていたのでジャンプ跳ぶのって大変なんだな…と思わされました。

佐藤有香さん。荒川さんに紹介されて登場。佐藤さんは今年のSOIショーでも生で見たことあるのですが、席が上の方すぎたため豆粒程度にしか見えなくてあまり見たような感じじゃなかったのですが、今回こうして狭い会場で見てやっと綺麗なスケーティングを堪能できました。とにかくエッジが氷に吸い付いてるように綺麗です。スピン、スパイラルなどシンプルだったけど今の試合規定ではない良さがあるような気がします。

一旦演技が終了して抽選会。で荒川さん、宮本さん、本田君、恩田さんが登場してきました。
プレゼントに商品券やらTシャツやらを紹介していて引いた席番号が一致した人が当選だったのですが、私はそんなに欲しくないかなー(おいおい)と思ってその間にトイレに行ってました。
その時行った時はすごく空いてて、席に戻ってもまだ抽選してました。
抽選が終わった後は荒川さんが「第2部も高橋大輔君やエヴァン・ライサチェックのカルメン、など見応えがありますのでお楽しみくださいませ」とか言ってました。
その後休憩になって売店に行ってみたのですが、見ただけで何も買わなかったです。プログラムは2000円で集合写真付きだと3000円で高いと思ってまあいいかーと買わなかったのですが、あとで考えると記念に買えば良かったかも…って(もう遅い)。
私、プログラムは本当に買わなさ過ぎです。買ったのは去年の全日本と今年のSOIと東京世界選手権だけ。選手の写真とかでっかく一枚じゃなくて数枚載せていたりするといいのにと思うのに。

2007年08月24日

FOI生観賞1

2回公演を観ました。最初は一回だけにしようと思ってたのですが、どの席でも選手が十分に観れる横浜のリンクで一回しか観ないのは勿体ないし、エヴァンを生でそう何回も観れる機会もない!と思って2回観ることにしました。18日の夜と19日の昼。
18日は昼に新横浜に着いて夕方まで横浜の方を観光したのですがこれは置いといて。
夜公演に行くのにギリギリで7時過ぎに会場に着いたのですが、まだ始まってなくて10分くらい?経ってからやっとオープニングが始まりました。
「FOIを開催してあれから一年。プロに転向した者、次のオリンピックを目指して現役を続けている仲間たちが再び今日ここに集結」みたいなアナウンスがあって「フレンズ・オン・アイス!!!」という掛け声とともにBondのVIVAの曲(四季冬のポップスアレンジバージョン)が流れて、選手が東の入口から一斉に登場!
私の座っていた所から一番近く見える角っこの位置に滑ってきたのは荒川さん、恩田さんとエヴァン!本当に来てたー!!と感激してました。
選手が一人ずつ真ん中に滑ってきてコールされて技などを披露するのですが、その間にもエヴァンの方をちらちらと見ていた私。
曲が丁度大盛り上がりの部分でエヴァンのコールがあって、フリーレッグを上げたまま2回回ってから跳ぶフリップジャンプを披露。そのあと真ん中でバタフライ?をして着地。
最後の荒川さんが終わったあとは(省略しまくりですみません)みんな真ん中に集まってきて縦に並んで横にステップしながら東側の席にいき、今度は西側へ再びステップ(この記憶間違ってるかもしれませんが…)、でリンクの中心を描くように円の形になってぐるぐる滑っていって曲が終わったところでみんな手を頭上に上げてフィニッシュ。

オープニングが終わってからはいよいよ選手の演技。
鈴木明子さんから。DOIの時も見たのですが、この「タイタニック」のプログラムいいと思いました。テレビでフル放送してほしかったぐらいです。手の表現とか繊細で波のような感じ。レイバックスピン綺麗。ジャンプは2回ほど失敗してしまってたんですがショーだから大丈夫という感じで見てました(最近は選手のショーでのジャンプ失敗は気にならない)。終盤のストレートラインステップは速くて迫力があって緊迫した曲にもよく合っていました。女子でトップクラスというくらいに迫力あるストレートステップじゃないかと思うくらい。

井上さん&ボールドウィン。「マンディ」というゆったりした曲で井上さんが「尊重し合う部分を表現したい」との説明。ボールドウィンは英語のコメント。スロージャンプは投げる前の動作が3アクセルに似てると思ったけど3サルコウ。井上さんの柔らかい表情が良かった。ボールドウィンが井上さんを膝に乗せるリフトもいいなぁ。

恩田さんはシスターのプログラムで「このプログラムには楽しい部分もあったり、つまらない部分もあったり」と説明。つまらない部分って…(笑)スカートの長い修道服(黒と白の色?で頭巾を被っている)の衣装を着ていて、最初のスローテンポの部分は祈りのポーズをしながら滑っていきました。
途中から速いテンポに変わり、頭巾を脱いでから今度はスピードに乗ってジャンプを跳んでました。あの裾の長いスカートでジャンプを跳ぶなんてすごいです。しかも綺麗に着氷してたし。
あとトゥをつきながら氷をガリガリさせたりとお遊び的な部分もあって、何だかお転婆シスターみたいって思いました(笑)恩田さんのキャラに合ってました。

本田君は「ゴッドファーザー」で宮本さんが振り付けみたいでスケート技術は良かったんですけど、ちょっとお遊び的な部分(振り付けとか)が欠けてるかなとも。本当に忠実すぎて。曲がアップテンポのタイプでコミカルっぽかったから余計にそう感じたのかも。演技が終わってそう思っていたところに宮本さんが登場!本田君に「振り付け違う」と文句をつけて(笑)「2人でもう一度やろうや」ということになり、終盤の部分から再び曲かけ。ステップから始まってシットスピンなど、で最後片手を頭にそえるようにして2人同時にフィニッシュ。スピンはさすがに本田君の方が上だけど(宮本さんはやっと回ってた感じ)、ステップのときの動作とかは宮本さんのが凝ってて、やっぱりアイスダンスの選手だなーって思いました。演技にそのものに関しては一流、さすが振付師。でもこの演技のためにスピンを練習したというのが微笑ましかったです。入口に戻る時に宮本さんが本田君をどんって押していっていました(笑)

2007年05月06日

ワールド・男子FP&ダンスOD

もう演技に関してはうろ覚えなのでそれは放送で観直すことにして会場での出来事などをメインに。

早朝から男子公式練習だったのですが私はホテルでのんびりしてしまって慌てて会場に向かいました。
そして会場について練習チケットを買ったのですがそのあと別の場所に向かっている人の群れ(たぶんどこかの会社への通勤)について行ってしまって、途中で会場と違う所に向かってる!って気付いて急いでメインリンクの方へと走っていきました(ばかです…私)。
ばてながらも会場に入って席に着いた時丁度エヴァンのカルメンの曲がけが始まったところでした(結局最終Gしか見れませんでした。その為だけに千円払った私って…。でも見たかったからいいけど)。
エヴァンはプログラムをこなそうとはせず、ざっと流して滑ってるだけでした。そしてしょっちゅうリンクサイドのコーチの元に寄って立ち止まったりしてるのを見てあまり調子が良くないのだということに気付きました。それでも4回転にもトライはしていたけれど。
他の選手もざっと流して滑っていた感じだったけどエヴァンばかり目で追っていたのであまり覚えていません(気の回らない私…)。
途中で上がっていく選手が多くて(大ちゃんなんて曲がけの時点で既にいなかったです)最終滑走のジェフの曲がけの時にはジェフとジュベールしか残っていませんでした。
公式練習を見たのは今回が初めてだったのですが、盛り上がる曲の時は観客の手拍子があったり、選手が引き上げる時はちゃんとお辞儀していったりと、公式練習も結構細かいんだと思いました。

続きを読む

2007年04月14日

ワールド・ペアFP

男子SPが終わった後はペア。その頃の時間は夜7時と始まるのが遅かったです。男子が終わったら帰られていく人もいました。
ペアは競技のはまだ生で見たことがなくて、ショーで見た時に迫力があっていいなと思ったので見てみたかった種目です。
でも実際は大技が主となっている種目なせいかミスが目立ちましたし、その上残念な出来事もあって全体として見たら思ったよりも盛り上がれなかったところもありました。けれどトップクラスの選手はすごかった!!

ペアFP

2007年04月01日

ワールド・男子SP

せっかく生観戦したワールドなので簡単なコメントながらも書いていこうと思います。
でも正直言って演技そのものにはほとんどと言っていいほど堪能できてなかったです。細かく堪能するならテレビです!(笑)
メモも全く取ってないのでうろ覚え文章で…。

男子SP

2006年12月16日

全日本ジュニア選手権 FP

遅れてますが(どんだけほっといてたのか…)生で観に行った試合の続き。この日は雨が降っていて会場の中がより一層寒かったです。
1時前に会場についたので男子FPの第3Gの終わりごろから見ました。
(朝は何故か家で02ワールドの男子SPのジェフ君と最終Gを見てた…。理由:急にラストエンペラーのジェフが見たくなった→全員4回転を跳んだ最終Gも見たくなった。←録画見るなら朝から観戦に行けばいいのに…)
観客は前日よりも結構座ってる人が多かったです。テレビ局も来てたし。
ちなみに荒川さんが来てたっていうのに私は気付かなかったです(周りにいた子どもたちが「来てる〜」って騒ぎそうになってるのを聞いたけど、あまり気にとめなかった)。

続きを読む

2006年11月26日

全日本ジュニア選手権 SP

地元で試合があったので一部のみですが見に行ってきました。
この日は昼に習いごとがあったのでそのあとから会場に行って途中の男子SPを見ました。
入場料はタダで客席は関係者の人以外いないんじゃ、くらいガラガラでした(リンクの片側しか座席使ってなかったし)。
ちなみにこの会場は私の今の仕事場から自転車で10分程の場所にあって自分の地域からはそんなに遠くなかったりします(スケートしに行った場所もここ)。
そんな余談は置いといて...男子SP、知っている選手のみのコメント(といっても一部しか知らないです)続きを読む

2006年07月27日

DOI観賞2

中途半端なところで止まっていたレポの続き。
テレビ放送されるのを見て書いた方がいろいろ思い出せて書けそうだけど、敢えてその前に。

続きを読む

2006年07月20日

DOI観賞1

覚えてないところが多いですが…7/16(日)夕方公演の感想です。
北村明子ちゃんが欠場となってしまったのが残念。
まずオープニングで幕から選手が一人一人登場して軽くエレメンツなどをこなしていました。
由季奈ちゃんは美姫ちゃんが昨季EXで着ていた衣装を着ていた様な…?(気のせい?)
村主さんは敢えて技ではなく振り付けメインで滑っていたのが印象残ったり。

続きを読む

2006年05月22日

Japan Open感想3(余談)

試合の後に表彰式があったのですが、終了時間が延びてしまったのと帰宅の時間の関係で、見ないで出てしまいました。表彰式をしていた頃は、私は売店(少し長居してしまったので)もしくは電車の中だったと思います。
話によると、表彰式の時にヤグが日本チームの賞金を奪おうとしたとか(笑)うう、見たかった…。時間さえ延びてなければー。

そんな訳で選手の演技以外での話題を。

続きを読む

2006年05月20日

Japan Open感想2

ちなみに席は前列だったんですけど、観る角度からしたらあまりいい席ではなく、演技の始まりと終わりは選手が横向きに見えてしまう所だったんですが(なので一部はスクリーン画面の方を見てた)、ステップなんかで近づいてきて、ほぼ目の前でスピンが観れたりしたのは嬉しかったです。

続きを読む

2006年05月17日

Japan Open感想1

生観戦に行って来ました!
大会型式としてはシーズン中のような大会とは違うし、お遊び的な雰囲気もあって緊迫感は無かったですが、とても楽しかったです♪
リンクは競技の時よりもちょっと狭く見えました(少しショー混じりだった気も)。

続きを読む

2006年03月05日

シアター・オン・アイス2

会場に入った時の開演開始前は、会場入り口の所に例のごとくフィギュアスケートグッズの売店が並んでいたのでいろいろ見ました。
ビデオは前行ったNHK杯に置いていたようなオリンピック集ビデオみたいなのが無くて残念だったけど、でもソルトレーク特集なるビデオ(3位までの選手が観れるらしい)が置いてあったのでそちらを買いました。
あと、エヴァン君が表紙の海外雑誌(BLADES ON ICEっていうアメリカ雑誌?)も買ってみたり。でも2005の世界選手権の時の内容で少し古い記事だったし、英語だらけなので文がわけわからず(しかも2000円で高かったし。まあWFSにはない写真も載っていたからいっか)。

第2幕が始まる前に25分の休憩があって、ずっと座って待ってるつもりだったのですが、開始10分前くらいになってきたら座ってるのが退屈になってきて、またもや売店をうろうろした私。でもその時はもう何も買わなかったけど(グッズ買いすぎるのもなんだし)。
しかしWFS22(次号)って3月8日にもう発売するんですね。せっかくWFS21の時のアンケートを書いて送ったのにその意見は参考にされないのね…(といってもヤグのサイン本目当てで送ったけど←オイオイ)。
売店巡りから戻ってきたら、ヴィクトール・ペレンコさん(?違うかも?)が私の座席の斜め後ろの階段辺りで歌を歌っていて(そんなすぐ近くにいたのでびっくり!)、下の観客席に移動していたりして、所々の席に座ってる人を立たして一緒に踊らせていた(笑)(中には嫌よ、と払いのける人もいたり)
途中、歌いすぎなのかマイクでしゃべるのに息切れをしたりしていて可笑しかったです(笑)
そんな余興もあって休憩が終わる(長い前文!)。

ショーの続き

シアター・オン・アイス1

昨日、日帰りで東京まで行って来ました!有明コロシアムは寒かった〜〜。
辺ぴなところで会場設備は整ってないし、会場内は薄暗いし、石畳の造りだし…でとにかく古臭い会場でいかにも特設という感じでした。それに入る前の人だかりが凄くてなかなか会場に入れなかったりもして開演時間も30分ほど伸びてしまってたし。
もうこの会場でショーが開かれても私は行かない(笑)(遠いし)

ちなみに会場に行く前はお台場に少し立ち寄ってました。一回行ったことのある場所だったから見知った場所だったし(しかしその時行った時は、昼食も抜きに友達に散々歩かされた上にわざわざこんな場所まで来てゲーセンに連れて行かされたという思い出が…;)。でも時間があまり無くて屋上の冷凍マンモスが見れなかった…。

肝心のショーの感想

2006年01月08日

NHK杯生観戦【エキシビジョン】

記事タイトルがイマイチわかりにくそうなタイトルだったので書き直しました。
(それと男子FPのトークで変な間違った文とか書いてたのでそれも修正;)
EXは実はほとんど覚えてなかったりするので一言のようなコメントで(もう既に観戦から1ヶ月経ってしまったし)。

エキシビジョン

2005年12月24日

・NHK杯生観戦4日目【男子FP】

もう全日本が始まってしまってるし!!今日は女子SPがあるし、目が離せん〜〜(ちなみにCSのフジ739でも見たりしてます)。
男子SPでは高橋君が3アクセルをパンクしてしまって2位に(涙)
織田君もいいんだけど、私の中ではどっちかというと高橋君にトリノに行ってほしいから逆転を願ってます。でも今日の夜にはもう結果が出るんですよね。
男子も女子も結果が決まるのが恐い(><)。だって誰かが笑って、誰かが泣かなくちゃいけないんですから。

NHK杯男子FP生観戦

2005年12月18日

2005年12月16日

・NHK杯生観戦3日目【男子SP&ダンスFP】

もうグランプリファイナルが始まってるというのに、まだNHK杯の感想書いてるなんて遅すぎ〜〜!


男子SPとアイスダンスFP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。