2007年06月13日

過去のアイスダンスなど2

選手の話題。
ドムニナ&シャバリンの昔の演技も改めて見たりしていたけど、今見ても基礎的にいいものは持っているけど地味だという印象だった。突出しているものがなかったというか。
演技も単調になり気味で所々のアピールが足りないものだったのかも。
05〜06年のFDワルツオブスピリッツ(村主さんが使用していた魂の歌と同じ作曲者)もワルツというだけあって優雅なんだけど、これもやっぱり演技としてみたらシンプルすぎて(でも曲気に入ってたりする)。
やっぱり本当に印象付ける演技をするようになったのは昨シーズンから。
最初はEXのシークレットガーデンの曲がきっかけで注目しだしたけど、この演技にはっと印象付けられなければ曲が好きでも彼らを好きになることはなかったと思う。
それまではシンプルにまとまっていた(と思われる)彼らが06〜07年からは垢抜けたし、ゴージャスな雰囲気になった!
これからももっと飛躍すると思うし、新しい彼ら独自の演技を見せてくれることと思います。

05〜06(オリンピック)シーズンのアイスダンスの演技で最近よく見直していたのが、カルガリーワールドでのドロビアツコ&バナガス組のFDオペラ座の怪人。
オペラ座の怪人は去年に映画をレンタルして見て以来大好きな作品になったのですが(そのことに関しては書けたらまた今度…)、この2人の演じるオペラ座の怪人は藤森さんも解説で言っていたけど、競技会という枠を忘れさせるぐらいにドラマチックで2人の情熱さ、迫力さに圧倒させられます(なんか単純なコメントしか思い浮かばないけど…)。
リフトの時でもバナガスさんが持ってない方の手で招くような仕種をしてファントムの恐怖さを表したり、はたまたドロビアツコさんがでも絶対に屈しない!というようなクリスティーナの気丈さを表したり。
何がどう凄いとかじゃなくて4分間ただひたすらにこの2人の世界観、ストーリー感に惹き込まれる。
ふと思いついた時に何度も観たい演技です。
世界選手権ではメダル取れても良かったのにと思うけど、05〜06年のダンスのプログラムの中では今では一番印象的かもしれない。
そういえばEXのパイレーツオブカリビアンのプログラムもすごく凝ってて良かった!
ドロビアツコさんの最初は海賊役?として決闘を演じて、後から姫役としてバナガスさんに抱かれて登場するという演出がもうドラマチックすぎて。一つのドラマを作り出してますよね。この2人の演技は。
02年の頃はダンスというものを理解してなくて、この組のことを注目してなかったけれど、この2人も偉大なカップルの一組だと今は感慨深く思ったりします。
復帰したのは残念ながらオリンピックシーズンだけでしたが、またショーで機会があれば日本に来日してくれたら、と思います。2人の演技を生でも堪能してみたいです。


posted by mizuka at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア・選手関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

Happy barthday Evan!

日記は止まってるのにこれは書く私。
でも今日は手短に。

22歳の誕生日おめでとうエヴァン。
ワールドは残念だったけど、きっとそれでは終らないと思うから。
まあ怪我や体調に気をつけて…。
posted by mizuka at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア・選手関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

4回転への挑戦

放送の感想を書こうと思ってたのですが、ちょっと別の話題。感想はまた今度(いい加減・・・)

全米FPで4+3を決めたエヴァンのこと。
全米の前までは怪我のこともあったし、4回転には絶対挑戦してこないと思ってました。
それどころかそれが影響で怪我をしたのなら、4回転なんてなくなってしまってもいい!と思っていたくらいだった。
大技のジャンプ一つが無くても印象的な演技があればそれでも十分に満足させられるものだから。
だけどそれは心配すると同時に上を目指さなくてもいいという意味さえ入っていたかもしれない。私はエヴァンを過信していた。
でもエヴァンは選んだ。跳ぶことを。確実な方法でトップを目指すために。
そして全米での綺麗な着氷!なんてしっかりした足下なんだろう。
前は回転は回っていても着氷がうまくいってなかった。いつのまに綺麗に着氷できるようになったんだろう。
スケートDAYS1のインタビューで「4回転はいいところまできています」のコメントを読んでGPFの出来事が起きた後、嘘つき・・・(涙)と思った。でも嘘じゃなかった!

今までできなかったからこれからもできないんじゃない。時間は掛かったけどいつかできると信じ続けて諦めなかったからこそ成功することができたのだと思う。今回の4回転は。
そういうエヴァンの挑戦をやめない志にも私は何か教えられた気がする。
できないことはできないと決め付けてはいけないんだね・・・て。

スケートと話が逸れている気がしますが、この話題はこれで終わります。
posted by mizuka at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア・選手関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

Time to say goodbye

エヴァンがジュニアからずっとEXで使っていた曲のCD(アンドレア・ボッチェリ)をレンタルで借りてみたのですが、私はこの曲を作った人のことを詳しく知らなくてサラ・ブライトマンが作曲者なのかと思っていたけど、ボッチェリの方が正作曲者だったんですね。
それでボッチェリのこの曲を聞いたサラ・ブライトマンが感銘を受けて連絡を取り、二人のデュエットが成立したと...(これでようやく気付きました(遅い))。
Time to say goodbyeも英語版で、正式曲はCON TE PARTIRO。うーん、何語!?(イタリア語?)
でもこの曲本当にいい歌で聴いていて感動する。音程からして引き込まれるもの。100万回聴いてもきっと飽きない!(それくらい、いい曲だということで…)
ボッチェリは12歳ぐらいで視力を失ってしまったみたいだけど、音楽家には何かしら障害を抱えてる人がいるというし、そういう人のほうが真っ直ぐに何かに取り組めるものなのかもしれない...とちょっと思った。
それで歌聴いてたらエヴァンのEXも久しぶりに観たくなって03のJrワールドEXのを観返したけど、動作がなめらかでしっとりとしたような雰囲気が素敵なプログラム。また今と雰囲気が違ってるから(どちらかというとこの時のは端麗なヨーロッパ風という感じ)それも印象的。
ラストの方にハイドロブレードもしてたけど、今はもうしないのかな。足が長いから片足が曲がっていたのが少し気になるけど…。そういえば男子のハイドロってあんまり見ないですね。
あと動画でしか見てないけど、今年のワールドEXのTime〜も良かった。今までの中で一番情感のこもっていて万感の思いのあるような、そんなTime〜の集大成のような気がした。
そんな訳で私にとってTime to say goodbyeといえば、エヴァンがメインの曲なのでした。
posted by mizuka at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア・選手関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

HAPPY BIRTHDAY EVAN!

今日はエヴァン君の21歳の誕生日(といってもアメリカとは時差が違うから、今日じゃないかもしれないですが(笑)一応今日)。
前シーズンの20歳は、年齢的には大人とも子どもとも言い難いようなそんな境の年齢だったと思うんですけど、演技的には滑り終わった後に「この人は20歳の人だったんだ」とそう思わされたくらい大人な雰囲気の演技を演じていた(と私は思います(特にカルメン))。
逆に(NHK杯やワールドでの)演技を解いた後の喜び様は子どもみたいで微笑ましかったし(笑)、トリノでの感極まった表情も感慨深かった。
ここ一年で本当にイメージが変わったし、いろんな表情を見せられました。
これからはどんなエヴァン君を見せてくれるんだろう?
でも今まで持っていたものはなくさないで、新しい一面も見せていってほしいです。
心配なのは怪我かな…。
前シーズンもNHK杯の期間に怪我、トリノ〜ワールドではインフルエンザに悩まされてしまっていたし(本当にそんな中でよくフリーのプログラムをほぼ滑りこなしていたものです。)
ワールドで4回転を決めたりして、これからも4回転に挑戦しそうな気配があるけど、それが原因で体に負担がかかってひどい怪我につながったりしては元も子もないし、無茶はなるべくしないでほしい…(同じアメリカのティムとか本田君の怪我なんかを思うと、4回転って…と思えて)。それでもエヴァン君は無茶をしてしまうのかもしれないけど。
せっかく好きになった選手が、試合で見ることも応援ができなくなってしまうのももう嫌。
エヴァン君のことは満足できるまで応援したい。
そんなわけで来シーズン、また新たなエヴァン君を見られるのを楽しみにしてます。
posted by mizuka at 16:31| Comment(2) | TrackBack(0) | フィギュア・選手関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

RISING STAR

↑WFS20に書かれていた肩書き?より(笑)(変な検索避けの為←意味ないかもしれないけど…)
好きな選手についてその2。
アメリカの新星ことEvan君が気になったきっかけなどについて。

続きを読む
posted by mizuka at 22:24| Comment(4) | TrackBack(0) | フィギュア・選手関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

好きな選手・ヤグディンについて

この前、誕生日でヤグの話題を出したので、彼について思ってることなど。
ヤグの誕生日といえば、4年前の長野ワールドの日程と丁度誕生日が重なっていて、テレビでヤグが「おめでとう」と言われていたけど、本人は「すっかり自分の誕生日を忘れていた」と言っていたニュースが流れていたのを思い出します。
そんなことをふと思い出すくらい、ヤグは私にとって印象深い選手。

続きを読む
posted by mizuka at 21:54| Comment(4) | TrackBack(0) | フィギュア・選手関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

昔の大会(2002世界選手権)

何故か昔の話題。

休みの日に2002年の長野世界選手権男子のダビング(ビデオ→DVD)をしていて、SPを数年ぶりに見ていたのですが、この大会のはフィギュアスケートに嵌ってから一番最初に観た世界選手権だし、思い入れが大きいです(男子も女子も)。
この時はヤグディンがまだ現役だったし・・・本田君もゲーブルも勢いがあったし。


ジェフリー・バトル選手の話題がメイン。
posted by mizuka at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア・選手関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

四大陸選手権始まってますね

日本選手や海外選手のエントリーが少々変更となってしまいましたが、出場する日本選手6人とも頑張って〜。
あと、ペアの若松&フェクトー組も!(昨季は世界選手権でもカナダペア一位&上位に入ったのに今季はどうしたんでしょう?)
今季は世界選手権出場ではないみたいので、四大陸ペアの放送も録画しようと思います。

そういえば荒川さんもFPの曲変更したそうですね(今日のニュースで知りました;)。
私としては前の曲はそんなに悪いとは思わなかったし、結構好みの曲でもあったんですけど。
(しかし今季はFPの曲を変える選手、本当に多いですね;それだけオリンピックに勝負に賭けてるということでしょうか…)


ちょっと本田選手の話を。
posted by mizuka at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア・選手関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

ヨロ選・四大陸・大ちゃん特集の話題

本当は別々にトピックスを立てようと思ったのですが、めんどくさくなったのでまとめて書きます;

続きを読む
posted by mizuka at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア・選手関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。