2007年11月05日

スケアメ 男子SP

やっとCSで放送されました男子SP。
すごい快適な放送!実況も静かで放送の流れもスムーズでしかも全員分!
私、もう男子とダンスの放送が快適に見られればそれで十分かもしれない。

南里君
月光の静かな曲に合わせての振付、結構ムードが出ていると思う。
最初の3アクセル綺麗!次の3フリップは着氷でバランス崩してセカンドが微妙に。
アップテンポに変わってからのサーキュラーステップの流れもいいです。ラスト、ストレートステップで端までいってそのまま演技終了。

ライアン・ブラッドリー
4回転に挑戦で、高い!でも回転回避で3−3に。3アクセル前の投げキッスが演技としての振り付けなんでしょうけど、余裕がある人のように見える(笑)けどそのアクセルは2に。
スケーティングとしては物足りないけど、ステップの時とかちゃんと曲にあったゆったりした振り付けでそれはそれで演技になってるって思った。昨年はコミカルな人だったけど、曲のタイプ変えてもその雰囲気に合わせられるってすごい。

カレル・ゼレンカ
ブルースの曲。この曲ってプロのヤグが今年滑ってた。前のトリノEXの時もヤグが使ってた曲で滑ってたし。もしかしてカレル君はヤグのファン?(単なる偶然だったりして…)
それはともかく、ジャンプは回転不足やら転倒で全て失敗。ちょっとジャンプに高さとキレの良さがないのかも。残念…。

アンドレイ・ルータイ
最初のポーズといい、雰囲気が本当ロシアン!
3アクセル、4回転の着水綺麗だった!佐藤さんが膝が柔らかいと言っていましたが、その分ジャンプもぎりぎりでも綺麗に降りることができるんだなって。あのランディングの時の足のポジションも綺麗ですし。膝が柔らかいっていい(ランビも膝柔らかくてジャンプランディングが綺麗)。でもそれが影響で逆に怪我につながり易くもなったりもしてしまうんでしょうけど…。

クリストファー・ベルントソン
昨年の「あ゛ー!」のプログラムとはまた違った独特の曲調の「アメリ」。
ちなみにアメリは昨年ベルアゴがFDで使ってるのを見て、映画を借りて見たんですが、見ない方が印象良かったかもしれない(笑)いえ、なんか日本とフランスの文化の違いを感じてしまって…。でも曲は好きです。
と、ベルントソン君の演技、人形が引っ張られていくような独特な動作で一風変わってて良いです。なんか運命に引っ張られていくような様というか。ちょっと感動してしまった。
3フリップは転倒してしまったけど、3アクセルは綺麗。
ストレートラインステップから急にアップテンポの曲に変わって、最後にまた元のオルゴール調の音楽に戻る構成は??一定の曲でおさめても良かったような…。

小塚君。
このプログラムDOIでも見ていたんだった。でもその時はそこまで印象というのはなかったけど、こうして試合のを見ると結構いい!あと小塚君だけ見ていたら気付かないけど、いろんな選手のスケーティングを見て小塚君の滑りを見ると本当にスケーティングが滑っている!と思う。目の覚めるようなスケーティング。コンビジャンプはセカンドがトゥのタイミングズレで単独フリップが転倒。スピードが出ている分、着氷のコントロールが難しいのかも。
リンクに投げ込まれたミカン?みたいなぬいぐるみをキスクラで持っているのが気になったんですけど、そのぬいぐるみ、なんか喋ってる!?

ケビン・レイノルズ
ジュニアで見ていたけど、なんか変わった雰囲気の子だな〜って。シニア初参戦ですが、見た目も体型もまだ子どもっぽい。本当に17歳?(笑)(真央ちゃんと同じ年代生まれと説明されていました)
最初のサルコウは4回転!?だったけど、その割には会場の反応が薄いような…。次の3アクセルは転倒。
ちょっと全体的にスピードがなく感じるかも。でもストレートラインステップはリンクの端まで使ってたり、スピンもいろんな形のポジションしていたりと良かったです。
小さく見えるけど、身長176cmも!?意外と高いんだ…。

パトリック・チャン
こちらは16歳とレイノルズ君より年下だけど、その割にはちゃんと体つきがしっかり大人になっているような。何故こんなに差が(笑)
それはともかく、なんて滑らかで躍動感あるスケーティング!ステップが本当にすごい…(特に規定でないステップの足さばきさえ)。3アクセルも幅が長くて綺麗!
ジュニアの時は本当に綺麗〜という演技だったけど、今回は逞しさがついてきたと思えます。
せっかくの綺麗な滑りなのに衣装と髪が…。衣装なんて動いていて黒い部分が見えなくて青だけだったら本当に作業着みたいに見えてしまって…(すみません)。

アルバン・プレオベール
衣装の後ろの手に目が行ってしまった。この手怖いよ…とか思って。演技に集中できないー。
アダムスファミリーってギャグみたいなコメディ映画かな?(調べよう…)
ジャンプはなんか力任せで跳んで着水しているような感じで、4回転に挑戦したみたいだけど3回転に。
最後のステップからスピンはちょっと勢いなかったなぁ。表情があるのはとても良かったです。

ステファン・キャリエール
最初がサーキュラーステップからの珍しいプログラム。3アクセルを跳ぶ時の間が長い〜。
スピンの回転が速いし、ストレートステップからの流れも速くて勢いがあった。
でもスケーティングとしては特に深いエッジで滑っているわけではないし、点数的には妥当かも。
ところで彼の衣装も変わっているような…。ズボンの部分の赤い竜?みたいなのが気になってしまって。

エヴァン・ライサチェク
うーん、やっぱり真っ黒でした。ベルト周りの部分にだけスパンコールが付いてるのかと思ったけど、何気に腕の部分にも流れるようにちょこちょこと。控え目な冒険?(笑)でも写真とか動いてたりしてたら見えないから;なんか去年の普段着に首周りと手袋を足したという衣装に見えなくも…。
それはゾロの雰囲気に忠実だとも言えるし、けど特に衣装まで忠実にしなくてもいいとも思えるし(どっち?)。でも黒手袋は指先の長さが際立って見えていいのかも。
最初の4回転は両足着氷っぽい…。3アクセル、ステップからの3ルッツの流れは良かったです。
ストレートラインステップもツイズル速くて幅長くて、スピードあって迫力ありました。
(ツイズルもステップですよね?だってアイスダンスでは必須要素だし)
この演技では結構感情が控え目でクールな感じがゾロっぽくていいと思った。表に出るパッション(情熱)とはまた違う系統で。
しかし髪型が…分け目が7:3みたいだよぉ…。

高橋大輔君
HIPHOPバージョン白鳥の湖。3フリップ+3のコンビジャンプ流れがあって綺麗!
ジャンプが終わってからのサーキュラーステップ前からの踊りが本当に凄い!サーキュラーステップ中の踊りと足さばきが本当にHIPHOPと融合していて。もうジャッジ受けとか関係なく(ジャッジも受けていたと思うけど)、こういう系統の曲でみんなを引き込むことができるのはすごい。
私もこのプログラムすごくいいと思う!母もこういう曲と速い動作がぴったりとマッチしていて良かった、と絶賛していました(そういう母は織田君応援している人ですが(笑))。
深いシットスピン、速く回っていたら質のいいポジションに見えるかも(遅かったら…略)。
ストレートがレベル1だったのはトゥを中心にしていたから?確かに滑ってのステップではなかったかも。

というわけで男子SP楽しかったです。男子は本当に個性的でいい!と。
あと、今季の衣装は仮装大会なの?というくらい、みんな面白い衣装で。
手やらピエロやら…。正統派衣装がホントに普通に見える(笑)
ランビエールも変わった衣装みたいなので中国杯を楽しみにします^^(楽しみのしかた違う)。


posted by mizuka at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア・テレビ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。