2007年10月26日

ビデオ録画とか

この前、05年ジュニアワールド男女の録画ビデオ→DVDにダビングしてました。
HDDを買う前はずっとビデオに録画をしていたからビデオの量が結構溜まっていて。
ビデオでもいいのですが、巻き戻しをしないといけない・テープが段々駄目になってしまう、ことを考えたらDVDに移さないと昔の映像がちゃんと見れなくなる。DVDは一遍に画面を飛ばせるのが便利です。
それに随分前に02年のNHK杯の録画ビデオを久々に見てみたら、既に見れない映像と化していた…。
でもビデオにも性能があって日本版のだと大丈夫だけど(マクセル買ってました)、韓国版のだと数年経ったら大抵映像がおかしくなってます。韓国版で撮った06年の全米のはまだ大丈夫そうだったけど。
ダビングするのでスケート放送で撮ったDVDの量がかなり増えてます。ずっとダビングをしていったら数年後には一体何枚になっていることやら…(数えてもないけど)。
でもフィギュアスケートファンっていうのはやめられそうにない…。一旦やめたらそれはそれで後悔しそうだし。なんかずっと見ずにはいられそうにないものなのかもしれない。

05ジュニアワールド、この頃の女子は今はすっかりシニアとなっている選手ばかりが出ていて懐かしいです。
この頃から(その前から)真央ちゃん凄かったけど、この時にちょっとだけど目を惹いていたのはエレナ・ゲデヴァニシヴィリちゃん。国が珍しかったのと雰囲気が独特な感じが印象で。
でも06年には驚くほどにジャンプもスピンも上達していたのには驚かされてました(タラソワ効果でしょう)。
オリンピックのSP「グラナダ」は素晴しかったです。FPのアルメニアの曲の方はミスが多くて残念だったけど。でもこの前06ワールド(まだ見てなかった)のFP見てみたら、ミスは多かったけど振り付けとか本当にポーズ一つ一つが独特で。その国が持っている特有な感じがして。古くから伝わる民俗的な部分というか。
彼女からはそんな感じの雰囲気がして好きです。ぱっと見た感じは幼い雰囲気するけど、演技は10代の中で大人っぽさや妖艶さがあるような気がするし。
07年のFPはヨロ選でもワールドでも放送がカットだった…。あまりクリーンな滑りではなかったし、練習が十分にできてなかったからしょうがないかもしれないけど(練習拠点にしていたロシアで国内追放というのは不憫すぎます)。
ジャンプも3+3持ってますし、スピンもポジション・回転速度が素晴しい、演技もエネルギッシュで完璧な演技をしたら上位にだって十分にこれる選手だと思うので今季はうまくいくといいのですが。
早速スケアメでも登場ですし、NHK杯も楽しみです(去年みたいに欠場になりませんよう…)
って何故か急にエレナちゃんの話題ですが、何か頑張ってほしいって思う選手なんです。


posted by mizuka at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。