2006年03月26日

ワールド・男子結果

昨日書きそびれてしまいましたが、男子シングルは今回の結果にも驚かされました(去年も驚いていたので…)。
簡単に感想を。

まず優勝のランビ君。
SPはミス有とFPもループの着地の時にエッジを引っ掛けてのミスはあったけど、4回転2度成功という完成度の高いジャンプ(苦手なトリプルアクセルも綺麗に決めてました)と隙の無いプログラム。昨季に優勝したという貫禄さえ漂ってる感じ。
本調子ではない部分もあった(スピンが全体的にはちょっと遅かった)けど、でも全体の質を考えたらやっぱり優勝に相応しい選手だと思いました。優勝おめでとう!!

2位はジュベール!FPはマトリックスに戻っていて、ロード・オブ・ザ・ダンスでなくなっていたのは残念だったけど(このプログラム好きだったのに)、4回転2度を含む全てのジャンプがクリーンに成功だというノーミスの素晴らしい演技!!ジュベ、やれば出来るんじゃない(涙)
ここ近年は力を出し切れないという不調なところばかりを見せられていたので、今回これほどまでのジュベを見ることができて嬉しかったです。
もちろん彼の今までの中で最高の出来だし、力の漲っている、自信に満ちたプログラムでした。
こんなジュベを見ていて、私はやっぱりこういうタイプの選手って好きなんだ、と思わされた。というわけで(金メダルといってもいいくらいの)銀メダルおめでとう!!

3位はエヴァン君!まさか表彰台に乗っているとは思わなかった。良い演技をしてもSPまでの点数、順位を考えたら5位ぐらい?と自分の中で予想してて(それは期待の裏返しだったんですけどね)。
メダリストのメンバーを知ったのは金曜の夕方のテレビでのスポーツニュースだったんですけど、そこにエヴァン君の姿を見つけた時は、思わず「オメデトウ!!!」と拍手をしてしまったのは私です(笑)
昨季の時はFPで少し崩れてしまって、周りにも助けられたという結果も含んだ銅メダルだったと思うけど、今回のはまさにエヴァン君から獲りにいった銅メダル。
元々SPでミスしてしまって後の無い状態だったし、攻めなければ勝てなかったんだもの。最後までそういう攻めの姿勢を崩さない、どこまでも挑戦者のエヴァン君には本当に頭が下がる思い。(大事な本番でミスをしない!という意志が伝わってくる滑りにも)
本当に銅メダルおめでとう!!(でも調子が悪いって言うのに本当に無茶をする人!でしたね…。今回のワールドが終わったらしばらく休んでほしいけど…今回の結果からすると逆に忙しくなるかな?)

そして織田君は4位。FPの内容によると、ジャンプの重複ミスをしてしまってたんですね…。それは今後の課題にもなってしまいそうだけど、初出場でしかも最後の最後までメダル圏内で争っていたことはすごいことだし、それほど大崩れこともなくの滑れていたことは大きいと思います。
見事に日本枠を2つに増やしたし、織田君もお疲れさまでした!!
来季も大ちゃんなどの日本国内選手と競い合いながら伸びていってほしい。


posted by mizuka at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。