2007年06月13日

過去のアイスダンスなど2

選手の話題。
ドムニナ&シャバリンの昔の演技も改めて見たりしていたけど、今見ても基礎的にいいものは持っているけど地味だという印象だった。突出しているものがなかったというか。
演技も単調になり気味で所々のアピールが足りないものだったのかも。
05〜06年のFDワルツオブスピリッツ(村主さんが使用していた魂の歌と同じ作曲者)もワルツというだけあって優雅なんだけど、これもやっぱり演技としてみたらシンプルすぎて(でも曲気に入ってたりする)。
やっぱり本当に印象付ける演技をするようになったのは昨シーズンから。
最初はEXのシークレットガーデンの曲がきっかけで注目しだしたけど、この演技にはっと印象付けられなければ曲が好きでも彼らを好きになることはなかったと思う。
それまではシンプルにまとまっていた(と思われる)彼らが06〜07年からは垢抜けたし、ゴージャスな雰囲気になった!
これからももっと飛躍すると思うし、新しい彼ら独自の演技を見せてくれることと思います。

05〜06(オリンピック)シーズンのアイスダンスの演技で最近よく見直していたのが、カルガリーワールドでのドロビアツコ&バナガス組のFDオペラ座の怪人。
オペラ座の怪人は去年に映画をレンタルして見て以来大好きな作品になったのですが(そのことに関しては書けたらまた今度…)、この2人の演じるオペラ座の怪人は藤森さんも解説で言っていたけど、競技会という枠を忘れさせるぐらいにドラマチックで2人の情熱さ、迫力さに圧倒させられます(なんか単純なコメントしか思い浮かばないけど…)。
リフトの時でもバナガスさんが持ってない方の手で招くような仕種をしてファントムの恐怖さを表したり、はたまたドロビアツコさんがでも絶対に屈しない!というようなクリスティーナの気丈さを表したり。
何がどう凄いとかじゃなくて4分間ただひたすらにこの2人の世界観、ストーリー感に惹き込まれる。
ふと思いついた時に何度も観たい演技です。
世界選手権ではメダル取れても良かったのにと思うけど、05〜06年のダンスのプログラムの中では今では一番印象的かもしれない。
そういえばEXのパイレーツオブカリビアンのプログラムもすごく凝ってて良かった!
ドロビアツコさんの最初は海賊役?として決闘を演じて、後から姫役としてバナガスさんに抱かれて登場するという演出がもうドラマチックすぎて。一つのドラマを作り出してますよね。この2人の演技は。
02年の頃はダンスというものを理解してなくて、この組のことを注目してなかったけれど、この2人も偉大なカップルの一組だと今は感慨深く思ったりします。
復帰したのは残念ながらオリンピックシーズンだけでしたが、またショーで機会があれば日本に来日してくれたら、と思います。2人の演技を生でも堪能してみたいです。


posted by mizuka at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア・選手関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去のアイスダンスなど1

といっても2年前ぐらいからですが。
フィギュアスケートに興味を持ったのは02年だけど、アイスダンスはその時はまるっきりといってもいいくらい興味がなかった(NHK杯とか少しだけ録画が残っているのもあるけど)。
実はソルトレイクの時も放送を見だしたのはアイスダンスFDの最終グループだったけど、見ていても全然訳がわからない感じだった(それ言ったらフィギュアの競技の見方自体もわかってなかったですが)。
そんなわけで何となく世界選手権のダンスの録画も撮ってみようかなって思ったのが04〜05シーズンから。
今思うとその時興味を持ってなかったのを恨みたいぐらいです(爆)訳がわからなくても02年から世界選手権だけでも録画を撮っておけばよかったな…て。

後悔はさておき、04〜05シーズンのFDの録画を最近やっと見終わったりしてました(ODの方も今年初めに見たりしていたけど、それから止まっていた)。
ただこのシーズンのは全体的にそこまでぐっとくるプログラムがなかったかもしれない。
(デンコワ&スタビスキーの陽気なアフリカン音楽、デュブレイユ&ローゾンのエキゾチック?なプログラム、デロベル&シェーンフェルダーのフリーダ、などちまちまと良かったりした組はいたけれど)。
それは新採点方式になったばかりでエレメンツの規定がよくなかったのも関係してるのかもしれないけど。
特にCDが全員同じブルースの曲で延々滑るというのが…(東京ワールドの会場でもブルースの曲を延々と流されるのは飽きるとか話題をしていた人たちがいた)。
ODも規定はクイックステップだったけど、曲が陽気で表向きに愉しそうにというタイプのものばかりなせいだったか鮮明に印象に残ってるのが思い浮かばない(それもゆっくりな音楽でわーと盛り上がるようなものではなかったから)。ベルビンが可愛かったということぐらい(オイ)
あとFDで目立ったけど一部の組が使用していたリフトも良くなかったなあ…(開脚リフト)。あれはアクロバティックというかペアみたいで。でもそのリフト使っていたナフカ&コストマロフ、グルシナ&ゴンチャロフのFDの演技が意外といいと思った私。ドラマチックだったしリフトは除くとして雰囲気的には優雅な部分もあったからなのかなあ…。
藤森さんがそのリフトのことでジャッジからも批判の声が多いにあがって(あれはダンスじゃない、エレガントを損なうとかで)05〜06シーズンからは開脚リフトは全面禁止にという解説をしていたのですが、本当に禁止になってよかったと思います。
だけど05〜06年も今度はビールマンリフトが流行ったりとこれもあまり良くなかったけど。
本当にリフトが良くなったのは昨シーズンから。リフトの規定も同じ種類のは2回以上は禁止になったのもバリエーションが増えて良かったし、ドラマチックで個性的なリフトがたくさん見られたと思います。
(って何故か途中からリフトメインのトークに…)。
posted by mizuka at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | フィギュア雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GPSの決まりって…。

今さらなんですが、GPSのそれぞれの国の組み分けで世界選手権で一番上位だった選手が一ヶ所は必ず自国に派遣されるのかあ…なんて今頃気付いてみたり(自国開催がない選手は関係ないけど)。
そういえば今までのNHK杯でも女子とか世界選手権で順位が国内選手で一番上だった人が翌年のNHK杯に出場してたな…って。気付くの遅すぎ。
じゃあ男子のあの人やダンスのあの組は必ず自国に派遣されるという可能性がこれからも続くかもしれない…。そしたらNHK杯に来る確立も5分の1なわけで生で見られる機会もそうないってことだわ…。
それにNHK杯はよく選手が棄権してしまうことが多いから、そういう意味でも開かれる期間としてもあまり良くないのかもしれない。
去年は男子も女子もメイン選手が棄権してしまって残念だったので、今年はどうかエントリー選手みんなが来てくれますように!
よく見たら女子も海外の選手が好きな選手ばかりなのも嬉しい(4人はいる)。

↓の日にちに書いたGPSのエントリーに関する記事、一部間違ってました…。
チャイト&サフノフスキーはNHK杯には来ません。ロシア杯でした。どこかでごっちゃになってしまってました。
デンコワ&スタビスキー、引退じゃなかったんだ!でも引退するって言っていたのは一体(笑)
posted by mizuka at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。